読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てきとうらいふ

ストイックとかむずかしい

ページビューから引き出せる価値のあるもの

有る程度ページビューがあるようなサイトやブログやウェブサービスを持っている場合に、そこからいろんな価値を引き出すことが出来るよっていうお話です。


20080502184610.jpg


ページビューは数字です

ページビューはそれだけでは単なる数字です。
そのサイトにどれだけの人が関心を持ってくれているかを示してるけど、それ以上じゃない。
今月はアクセスが多いぞ、わーいうれしーとなるだけで、ページビューを使ってローソンでおにぎりを買ったりはできない。
滞在時間とかもいっしょで単なる数字なので、これが長くてもおなかがいっぱいになったりはしません。

とても残念です

残念ながら今のところローソンは、ページビュー支払いに対応してない。ヌルい会社ですね。
そのままではおにぎりが買えないので、なんとか別の形の価値を引っ張り出す必要があります。
すぐに思いつくのはお金ですね。ゼニや、ゼニや〜!

お金を取り出す

取り出すと行っても、会員管理をしているところ以外は直接課金するのは難しい。
もし会員管理してても無料モデルが浸透してるので、有料会員に対して魅力的なコンテンツが提供出来ないと無料でいーやってなる。
なので大半のウェブサイトが広告モデルでページビューからお金を取り出そうとする。


広告は諸刃の剣で、サイトのシンプルなデザインを破壊したり、意識が散るのでコンテンツの楽しみを半減させたりする。
コンテンツ自体の魅力を損なわないように以下の点を意識する。


・広告を張るページと張らないページをうまいこと分離する
 広告がないページはやっぱり美しい
・広告の内容とページの内容に関連を持たせる
 無関連な広告はノイズでしかない


はてなニコニコ動画の広告の出し方はすごく練られてて参考になる。

仕事を引き出す

ページビューから直接お金を引き出さなくても、お仕事を貰うことでお金を取り出すことができる。
面白い文章だったり、素敵な写真だったり、斬新なウェブサービスだったりといったコンテンツがあれば、それを作る才能や技術をお金に換えられるひとが世の中には結構居ます。
そういうノウハウを持った人と一緒に仕事をすることでお金も貰えるしそういうノウハウも貯まっていく。
広告を張らないで宣伝用と割り切っても、仕事に繋がれば広告で引き出す価値以上のものが得られる。


お仕事に繋げるためには以下の点を意識する。


・メールアドレスはすぐに目に付くところに
 連絡したいと思ったときに探し回らないといけないと萎える。
・コンテンツに統一性を持たせる
 コンテンツから具体的にどんな仕事を頼めそうかイメージできるといい。


お仕事しているとなんかちゃんとしてる気がするのがいいよね。

人脈を引き出す

仕事に繋がらなくても面白い人や遊び相手が見つかればいーよね、お金じゃ買えない。
オフ会やらなんやらでリアルでも楽しめればネット万歳。


遊び相手を捕まえるためには以下の点を意識する。


・自分の趣味とか性格とかの情報を公開する
 恥ずかしい趣味をさらけ出すと相手も警戒が下がります。
・ネットの色んなコミュニティーで遊ぶ
 自分のサイトを知っている人なら興味を持ってくれます。


オフ会とかって毎日参加しようと思えば出来るんだよなあ、ネットスゴい。

まとめ

ページビューはお金や仕事や人脈に変換できる。
うまいこと変換するにはサイトの構成とか色々意識する必要がある。
恥ずかしい趣味は恥ずかしいのでやっぱり書けない。