読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てきとうらいふ

ストイックとかむずかしい

はてながどこから来てどこへ行くかを君は知らない

僕「はてな京都に戻るらしいよ」
君「はてなって何?」
僕「な、何でもないよっ」


会話終了。



最近のはてなについての日記読んでると、なんだかんだ言ってもみんなはてなが大好きなんだなあってのを感じられて、こんなにユーザーに愛されるサービスと会社はもっと有名になってもいいのかなあと思った。


でも、はてなという会社が小さくて変な会社で有名になりきれないからこそ、等身大で親近感を感じられるのだと思う。


はてなが何かの拍子に、強力なビジネスモデルを身に付けて、ガンガン資本を引っ張ってきて、広告バンバンうちまくって、結果有名になってユーザが増えて日常会話にはてなが使えるようになったとしても、そこにはもう、みんなが愛したはてなはいない。


だから、君ははてながどこから来てどこへ行くかをずっと知らなくていいのです。